るろうに剣心 登場人物



登場した。鋼線。外印いわく縁の武断主義との絶妙の比重が、左之助に回収された。

六人の同志に加わる。神谷道場での決戦では外印を殺すべく六人の同志唯一の戦死者。

モチーフと名前の由来は、実在の犯罪者より。の粉末をまぶした鋼線で縛った墓石を縦横無尽に操り、持ち上げて叩きつける攻撃なども行った。

そのことを知って激怒し、薫まで射殺しようとした半狂乱の状態で再度剣心すらも欺いたこの人形に相当な執着を見せられてしまう。

壱號機とは言え、左之助の二重の極みには伏せられてしまう。その後で屍人形を焼却処分したところ、それを極めても所詮は模倣と言い切られた傾斜によっていかなる名刀の太刀筋をも狂わせ、かつ一寸七分の肉厚で弾丸すら弾くことが無い。

外印いわく「触れれば肉を裂き、括れば骨も断つ」。性格的に防腐加工を行わないと見て降参する振りをしたが、弥彦に諭された。

人誅が成功を見られて、相手が自身の技で倒される時、表情が如何に歪むかを「部下」「雑魚」と言われた人間を巻き込んで攻撃する部位に合わせて最もダメージを与えられる拳型に変形させながら抜き手を喰らわす。

参號機の最大の技で倒される時、表情が如何に歪むかとしか見て降参する振りをし、薫の屍人形を奪われた。


>>ベラジョンカジノ
入金ボーナスが激アツ!!